子宮内膜症は手術なしで治る

子宮内膜症は手術なしで治る

子宮内膜症の手術は、

 

・お腹に小さな穴を開けて腹腔鏡下で卵巣のう腫だけを取り除く方法

 

・開腹手術で子宮や卵巣を全部取ってしまう方法

 

などいくつかの方法があります。

 

子宮内膜症があるからといって手術しなければいけないというわけではありませんが、手術が必要になるケースもあります。

 

・貴女が、40歳以上で4cm以上ののう腫がある

 

・検査結果で腫瘍マーカーが高い。

 

・悪性腫瘍、つまりガンの可能性がある

 

・薬物治療で一向に改善しない

 

・チョコレートのう腫と言われる、腫瘍がどんどん大きくなってきている。

 

などの症状がある場合は手術の適応になります。

 

このように手遅れになる前に、長谷川まり子先生のノウハウで、手術せずに、至急、筋腫を改善して下さい。

 

詳細はこちら

 

→ 長谷川まりこ