長谷川まり子 子宮内膜症

長谷川まり子 子宮内膜症

長谷川まり子 子宮内膜症

 

 

日本人女性の7〜10人に1人は子宮内膜症と言われています。

 

子宮内膜症の治療は鎮痛剤や、合成ホルモンの投与、天然のプロゲステロン・クリーム、手術などによる対症療法が一般的ですが、

 

どれも子宮内膜症の症状をやわらげるための一時的な処置にすぎません。

 

しかし、だからといって子宮内膜症を放っておくと、

 

子宮や卵巣を失う可能性もあるので早めの対処が必要です。

 

長谷川まりこ先生の子宮内膜改善方法は、体内の浄化に努めて、毒素をなくすという方法です。

 

長谷川まりこ先生の方法を実践して、排卵痛や、

 

生理痛が和らぎ、鎮痛剤の回数が以前よりも減ったという人が続出しています。

 

長谷川まりこ先生の方法をリリースする前にモニターした50名中46名、90%以上の人に劇的な効果があったという結果が出ています。

 

4名のうち、1名は「軽減されたきがする」 3名は「わからない」という回答だったそうです。

 

効果があったという方は、平均すると2回目の生理から痛みがほとんどなくなったという驚きの結果が出ています。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

 

長谷川まりこ子宮内膜症改善

長谷川まり子 子宮内膜症記事一覧

子宮内膜症は手術なしで治る

子宮内膜症の手術は、・お腹に小さな穴を開けて腹腔鏡下で卵巣のう腫だけを取り除く方法・開腹手術で子宮や卵巣を全部取ってしまう方法などいくつかの方法があります。子宮内膜症があるからといって手術しなければいけないというわけではありませんが、手術が必要になるケースもあります。・貴女が、40歳以上で4cm以上...

≫続きを読む