ホルモンバランスを整えるポイント

長谷川まりこ 10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがなくなった方法とは?

 

子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善する方法

 

「生理痛は病気じゃないから・・・」

 

「生まれ持った体質だから・・・」

 

長谷川まりこ先生の生理痛改善法に出会ってから生理痛の痛みから解放されましたという口コミが殺到しています。

 

あなたの生理痛は、生まれもった体質や運命ではありません。

 

長谷川まり子先生の方法を実践することにより、自宅で自己免疫を高めることで生理痛はなくなるのです。

 

毎月生理が来るたび、痛くて痛くてベットから立ち上がることすらできなかった20代のOLさんが、

 

長谷川まりこ先生の法則を知って、

 

自宅で実践しただけで悲惨な痛みから解放されました。

 

毎月やってくる あの憂うつから解放される!!

 

現実として、生理痛から開放された多くの人の評判を集めています。

 

りんご一個分ほどの子宮筋腫が3cmになった。

 

卵巣のう腫が改善したなど、多数の喜びの声が届いています。

 

 

 

ホルモンバランスを整えるポイント

 

ホルモンバランスを整えるポイントをご紹介します。

 

1.適度な運動

 

2.バランスのよい食事

 

3.規則正しい生活リズムと十分な睡眠

 

4.ストレス解消

 

 

 

1.適度な運動について

 

⇒ 運動はホルモンを生産する臓器の血流をよくします。、アンチエイジングホルモンと呼ばれる成長ホルモンは筋トレで分泌が高まります。

 

 

2.バランスのよい食事

 

⇒ ホルモンの材料は脂質とたんぱく質です。油と肉をぬくという極端なダイエットは考え物。
ホルモンバランスが崩れてしまうと、体調不良につながります。

 

糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの5種類をしっかりまんべんなく取ってください。

 

 

3.規則正しい生活と、十分な睡眠

 

⇒ 睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れます。
昼夜逆転の生活はホルモンバランスがみだれますので、十分な睡眠をとって、早ね早起きをしてみてください。

 

 

4.ストレス解消

 

⇒ ホルモン放出の司令塔は視床下部です。

 

ストレスに弱い特徴が視床下部にはあり、性ホルモンの分泌を狂わせます。
湯船にゆったりとつかり、カラオケに行くなと、あなたにあった、ストレス解消を実践して、視床下部に悪影響のあるストレスを退治してしまいましょう!