子宮を温める健康法

子宮を温める健康法

 

長谷川まりこ先生の提唱されているのが、子宮を温める健康法です。

 

よもぎの腰湯など、子宮をケアしてあげてください。

 

子宮筋腫、貧血が改善したいかたが、子宮を温める健康法を実践したところ、著効したとのこと。

 

子宮を温める健康法

すぐにできることばかりだった

 

子宮を温める大切さをしった

 

などなど反響の声がぞくぞくです。

 

 

子宮のことや妊娠、出産のことなど

 

出産ではしっておかなければならないことはたくさんあります。

 

食べ物の選び方。

 

子宮筋腫と卵巣嚢腫があるけど、結婚も妊娠も出産もあきらめたくないという方

 

子宮の不調で苦しんでいる多くの方

 

そういった人たちが待ち望んでいた方法と言えます。

 

重い生理痛

 

子宮筋腫

 

子宮内膜症

 

卵巣嚢しゅ

 

不妊症などでお悩みの方は一度チェックしてみてください。

 

 

子宮を温めて血液を浄化

 

現代女性の多くは冷蔵庫子宮といわれています。

 

おりものでパンツが汚れるのは食べ物のせいで、

 

毎日卵を食べる生活は妊娠を遠ざける。

 

貧血、冷え性のひとはきのこは×

 

子供が欲しいなら白砂糖はだめ

 

減塩していると子宮はあたたまらない

 

蓬の腰湯で子宮を浄化

 

肉、乳製品の過剰摂取は子宮を汚す

 

などなど

 

なんとなく食べている日常のたべもの。

 

これに少し気を使うだけです。

 

長谷川まりこ